The following two tabs change content below.

AJ

YouTubeチャンネルを作成しました 気に入ったら是非チャンネル登録よろしくお願いします! 趣味はゲーム、映画・海外ドラマ鑑賞です。 好きなアーティストはBackstreet boys、The Wanted、アヴリル・ラヴィーン、カーリー・レイ・ジェプセンなど。 主にゲーム系の情報を発信しています。 ツイッターとも連携しているので、記事を気に入っていただけたなら、どしどしフォローお願いします!

どうもこんにちはAJです。

 

少し遅いですが、『ターミネーター:ジェネシス』を観てきたので感想を書いていきます!

 

本格的にシュワちゃんが『ターミネーター』に戻ってきたということで・・・・・。

 

スポンサーリンク

まずはあらすじについて

1997年に起こった審判の日で約30億人の人類が犠牲に。

そして時が経った2029年、予言者と呼ばれるジョンコナーの活躍もあり、いよいよ人類の勝利が目前かと思いきや、スカイネット軍は切り札となるT-800を1984年に送り込んでいた。(ジョンの母親で、ターミネーター1時代のサラ・コナーを抹殺するため)

それを阻止するため、ジョンは抵抗軍の一員・カイルリースを1984年に送り込む

 

1984年に到着したカイルだったが、そこにはなぜか液体金属のT-1000や倒されたT-800、そして普通に機械と戦っているサラと、サラを守るおっさん(シュワちゃん)のターミネーターが・・・・・。

 

一体なぜ!?

 

観た感想

内容はまず置いといて、全体的に観てよかったなとは思いました。

やっぱターミネーターと言えば、゛シュワちゃんタイムスリップ゛ですからね。

4はそれがなかったので、正直納得はいってませんでした。

 

 

今作はシュワちゃんだけではなくて、人気の2で出てきた液体金属のT-1000だったり、1の序盤が再現されてたり、ファンにはうれしい演出だと思います。

字幕だったんですが、アイルビーバックも!(字幕の文字もそのままアイルビーバックだった)

 

 

ただ結構ハイペースで物語が進んでいたので、少し追いつきにくかったです。(特に序盤の展開)

なので今作がターミネーター初めてという方は、余計に追いつけないかなと。

 

 

あと、サラとおっさんターミネーターの関係性については、2のジョンT-800と似たような感じなんですが、正直自分はあまり感動はしませんでした・・・・・。

ラストの展開が今までのターミネーターになかったというのもあるんですが・・・・・。

2は、ジョンとT-800の出会いから様々な物語があっての別れだったので感動しましたが、今作は出会いだけでそれから1984年までの出来事はまったく描かれていなかったんですよね。(サラが9歳の時に出会う)

だからうまく感情移入できませんでした。

 

まぁあれです、全然楽しめたんですが、1と2がまた無性に観たくなるような、そして見直して「やっぱ1と2って最高傑作だな」って思えるようなそんな作品に仕上がっています。

 

スポンサーリンク

内容について

という感じだったんですが、観た直後は大きく疑問に残る点が1ありました。

ただ帰宅後、ネットで色々同作について調べてみて、ようやく少し理解した感じです。

 

その疑問点がこちら↓

・サラを助けたシュワちゃん(T-800)は何年に誰が送り込んだのか

 

これは次回作に明かされるのではないか?と言われているようです。

確かに、最後の最後で続きを匂わす演出がありました。

ちなみに自分は、T-800(おっさん)自身が送ったと予想しています。

 

 

その他にも細かい点というかツッコミどころがいくつかあるんですが、今考えても仕方ないですね(笑)

 

最後に

自分は前作との繋がりだったりを意識したり、どういう展開になっていくのか色々考えすぎたせいで100%楽しむことはできませんでしたが、観る価値は全然あります。

やっぱシュワちゃんがいるとなると全然違いますからね。

年齢面に関しては、皮膚も年老いていくというカバーもうまくできていたので。

 

まぁ全てを理解するのは非常に難しいでしょうね。

なんせ時間軸の設定がかなりややこいので・・・・・。

 

最後まで閲覧ありがとうございました。

スポンサーリンク

他にもこんな記事があります