The following two tabs change content below.

AJ

YouTubeチャンネルを作成しました 気に入ったら是非チャンネル登録よろしくお願いします! 趣味はゲーム、映画・海外ドラマ鑑賞です。 好きなアーティストはBackstreet boys、The Wanted、アヴリル・ラヴィーン、カーリー・レイ・ジェプセンなど。 主にゲーム系の情報を発信しています。 ツイッターとも連携しているので、記事を気に入っていただけたなら、どしどしフォローお願いします!

『あったかいんだからぁ~』でお馴染み、2015年に大ブレイクしたクマムシさん。

 

8.6秒バズーカ―さんは男子学生を中心に、クマムシさんは女性を中心に大人気でした!

 

ただ最近はあまり活動が目立ってない・・・・・?

一部ではもう「もう消えたの?」などと言われるように・・・・・。

最近の流れから予想すると、「騒ぐほどのことではない!」という感じだと思いますが、とりあえず消えかけている原因について調べました。

Sponsored Link

 

クマムシが消えかけてる

ラッスンさんよりは忙しくなかったのですが、それでも『あったかいんだからぁ~』は社会現象になりました。

どぶろっくさんの「もしかしてだけど」というネタの流れに見事乗った?クマムシさんを、ほぼ毎日見た&聴いたといっても過言ではないのですね。

しかし、4月の下半期に入ってからは見かける回数がかなり減りました。

 

 

『さんま御殿』などのトーク番組に出演してた時は、爆発的な印象は残さなかったものの違和感なくエピソードトークを聞けたと思います。

なのでトーク力とかそういうのが問題だとは特に思いません。

番組出演を重ねてるのでスキルも身に付くはず。

問題なのは・・・・・。

 

なんだし&図書館の新ネタが不発

「なんだし、私恥ずかしいんだし~」という歌と、

「図書館までの道のりを教えてください」を英語にしてヴィジュアル系で歌うという新ネタがあるのですが、いまいちパットしないらしく、あまり評判はよくありません。

まぁこれは仕方ないと思います。

゛あったかい゛をそうそう超えるネタなんて作れませんからね。(個人的には゛なんだし゛が結構好きだが)

 

 

 

問題なのはネタの内容ではなく、゛それを披露するのがあまりにも早すぎる゛ということです。

今の時代飽きやすいのもありますが、やっぱりスタッフさんとかが求めてるのはまだ゛あったかい゛だし、国民全員が「早く次のネタを!」と思ってるわけではないかなと。(分からんが)

まぁだからといって、粘って粘って新ネタドン!で売れるとは限らないんですけどね。

それでも新ネタの価値を下げないためには、もっとあったかいで言った方が良かったんじゃないかと個人的には思います。

Sponsored Link

 

でもやっぱり・・・・・

・・・・・はぁ。

いや、正直なところを言うと「消えるかもしれない」というくくりに入った時点でどうしようもないんですよね。

゛一発屋゛という言葉が世間で注目され始めてから、ブレイクした芸人さん誰もが消えていくというイメージを持たれてしまい、その芸人さん自身も同じように「早く他のネタを考えないと飽きられる!」という固定観念に捕らわれてしまったんです。

なので今は昔より消えやすくなってしまいました。

 

 

 

そういう意識を強くさせたのが、まぎれもない有吉弘行さんだと思いますね。

どん底から這い上がった第一人者で、まさに天才です。

 

 

まぁかといって時間は巻き戻せないので、結局必要なのが対応力になります。

時代の変化やルールについていけなかったら負け・・・・・それだけですね。

 

最後に

ちなみに、有吉さんのような゛変化させる側゛でもいいわけです。

流行語に選ばれた芸人や、ブレイクしすぎた芸人は消えるという説を打ち崩す芸人さんは現れるのか・・・・・?

注目ですね。

 

 

最後まで閲覧ありがとうございました。

Sponsored Link

他にもこんな記事があります