【ウィッチャー3】ジュニアを探せ&ノヴィグラドのギャングは同時に進めよう!

The following two tabs change content below.

AJ

YouTubeチャンネルを作成しました 気に入ったら是非チャンネル登録よろしくお願いします! 趣味はゲーム、映画・海外ドラマ鑑賞です。 好きなアーティストはBackstreet boys、The Wanted、アヴリル・ラヴィーン、カーリー・レイ・ジェプセンなど。 主にゲーム系の情報を発信しています。 ツイッターとも連携しているので、記事を気に入っていただけたなら、どしどしフォローお願いします!

ホアソン

 

どうもこんにちはAJです。

 

今回は、メインクエストの【ジュニアを探せ】とサイドクエストの【ノヴィグラドのギャング】に関することです!

 

極悪人のホアソン・ジュニアを探すクエストですね。

 

Sponsored Link

同時進行した方がお得!?

まず【ジュニアを探せ】のクエストで、ディクストラがいる浴場まで進みます。

浴場でのイベント後に、【ノヴィグラドのギャング】が発生。

 

 

サイドクエストなので、ひとまず置いといてメインを進めよう・・・・・。

となると思いますが、【ジュニアを探せ】をロッシュと合流するあたりまで進めてしまうと、【ノヴィグラドのギャング】が失敗になってしまうようなんです。

自分は闘技場は1人で、賭博の所からサイドクエストを始めたのですが、報酬が半分の150クラウンになってしまいました。

一応失敗にはならなかったので良かったですが、最初から始めたほうが報酬もいいし、ドワーフたちと一緒に戦うので多少戦闘が楽になるというメリットがあります。

 

 

クエストが多いから、知らないうちに更新されてたり失敗になってたりすることはよくありますよね・・・・・。

まぁ本当によくあるのは、クエスト完了後に再び見直すと×印がついてることですけど。

 

Sponsored Link

今回クリアしたクエスト&思い出

メイン

1、ルーヴェン伯爵の宝

めちゃ長いクエストでしたが、気になる点はメンジ戦前の選択肢

どっちにしろ最後はメンジと戦うことになるのですが、自分は屋敷入ってすぐに戦闘に入る選択をしてしまったので、メンジとも会話することなく戦いに・・・・・。

 

2、ジュニアを探せ

これは最後にホアソンを生かすかトドメをさすかの選択になりますが、自分はトドメをさしました。

ハマカーンで言うと、地獄の鬼すら反吐吐く所業ですからね、ホアソンは。

まぁ無難な選択だとは思いますが、生かしてたらどうなったのかも気になります。

 

3、シリ編・ジュニアを探せ

敵が結構強くなっていますが、興奮したのは必殺技!

操作キャラは違いますが、ウィッチャー3ではこんな動きもできるのかと・・・・・。

あれは愕きました。

 

 

サイド

4、ノヴィグラドのギャング

物乞いの王もそうですが、今の所クリーヴァ―はメインにあまり大きく関係していないです。

なのでこれからはサイドクエストで大きく関わってほしいですね。

 

5、盗人の仁義

リコという人物を、【ジュニアを探せ】の賭博で開放すると発生するクエストです。

物乞いの王から報酬をもらうだけのクエストですが。

なんかリコとドゥードゥーという人物ががごっちゃになりました。

 

6、酪農と暗闇

【闇をさまよう】以来の大きなダンジョン、は言い過ぎですが久しぶりのダンジョンでした。

ノヴィグラドにある店でアイテムを買うとクエストが始まる、少し変わったやつです。

ちなみに、【闇をさまよう】をクリアして手に入るネハレニの目がないとクリアできないようです。

 

7、フェンシングの訓練

翌日から・・・・・と言われても放置していたら、クエストが勝手に更新されたのでビックリしました。

時間制限はないと思いますが、それで焦って進めたって感じです。

最後の結末に若干納得いかなかったので、すべての選択肢を試してみましたが、どれも一緒でした。

ロマンスを期待していましたが、「3度目の訓練は永久に訪れない・・・・・」と書かれていたので、もう会う機会はなさそうです。

 

8、最大トーナメント・ヴェレン

拳闘は操作もシンプルなので結構楽しいです。

相手のレベルが高くてもあまり関係ないですし。

 

9、真実は星の中に

小さい村に住む老人のクエストなんですが、このサイドクエストよりグウェントの方が印象強いです。

結構強かったような・・・・・。

 

最後に

物語もようやく中盤に差し掛かってきてる・・・・・ような気がします。

 

 

最後まで閲覧ありがとうございました。

Sponsored Link

他にもこんな記事があります

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ