The following two tabs change content below.

AJ

YouTubeチャンネルを作成しました 気に入ったら是非チャンネル登録よろしくお願いします! 趣味はゲーム、映画・海外ドラマ鑑賞です。 好きなアーティストはBackstreet boys、The Wanted、アヴリル・ラヴィーン、カーリー・レイ・ジェプセンなど。 主にゲーム系の情報を発信しています。 ツイッターとも連携しているので、記事を気に入っていただけたなら、どしどしフォローお願いします!

どうもこんにちはAJです。

 

今回は、トリスのサイドクエスト【またとない機会】について紹介していきたいと思います。

 

このクエストは、トロフィー・実績に関わっていて、かなり重要らしいですね。

 

Sponsored Link

トリスをケィアモルヘンに誘導しよう

メインクエスト【ラドヴィットの要請】をクリア後、ちょっと歩くと手紙が届いて発生します。(サイドクエスト【生死に関わる問題】をクリアしている必要あり?)

トリスノヴィグラドから脱出するということで、このクエストをクリアするといなくなってしまうので、【貴族の小象】などトリスが必要なサイドクエストをやっといた方がいいかもしれません。

 

 

本題に入りますが、このクエストではトリスをケィアモルヘンに誘導するための選択肢が最後にあります。

キーラにもありましたね。(【過去の亡霊】をやってる人はレソも)

最後に↓↓

 

1、行かないでくれ

2、愛してる

を選択したら、無事ケィアモルヘンに行ってくれました。

 

 

調べてみると、一番最初のアニッセとベルトルドを救出するルートで行った方がいいと書いてあったので、自分もこちらを選びました。

もし間違ってる場合だとやり直すのがメンドイと思うので、確実にトリスをケィアモルヘンに誘導したい方はアニッセ&ベルトルド救出ルートを選んだ方がよさそうです。

 

Sponsored Link

今回クリアしたクエスト&思い出

メイン

1、追い詰められた詩人

ようやくダンディリオンを救出しました。

かなり長かったです。

ちなみに、一番最初のグウェントは勝ったのですが何も貰えず・・・・・。

とりあえず、このメインクエストは特に分岐点などはありませんでした。

ただ少し気になったのは、【ディクストラにダンディリオン救出の手伝いを依頼する】が×になっていたことですかね。

一応やり直してディクストラの所に向かったのですが、何も起こりませんでした。

一体なんだったのだろうか・・・・・。

 

 

サイド

2、レダニアで一番のお尋ね者

フィリパの潜伏場所を調査するために、洞窟を探検しました。

ボスの「火のエレメンタル」は、文字通り近づくと火のダメージを受けるので地味にうっとうしかったです。

あとで図鑑を調べると、アードが有効だったのですが・・・・・。

よく考えればそうですよね。

最後はトリスに水晶を渡す選択をしました。

ラドヴィットの反応はよくありませんでしたが・・・・・。

ちなみにフィリパは見つからず、企んでることだけは分かった感じです。(目を魔術で取り戻す)

どうなっていくのか全く想像できないですね。

ラドヴィットにフィリパの件を頼まれたけど見つからずどこにいるのか分からないで、そのラドヴィットはディクストラやロッシュに命を狙われてるしで。

 

3、またとない機会

そういえば、ケィアモルヘンに誘導する選択をしたら、ロマンスシーンも見れるんですよね。

まぁトリスのロマンスに至っては、規制なしでもギリギリで見えるくらいなので、規制ありなんて話にならないです。

 

4、志願兵

オクセンフルト近くで、トロールと会話するクエスト。

人間を食べているというトロールと戦うこともできますが、絵の具を届けたルートの方が報酬良かったです。

 

5、グウェント:宿屋の主人との対戦

ようやくグウェントのクエストを本格的に始めました。

初心者の自分が言えることは、相手が北方諸国の場合は゛おとり゛を活用すべし!

くらいですかね。

 

 

依頼

6、とらえにくい泥棒

ボスはドップラー・・・・・というより自分の分身・ゲラルトになりますね。(装備も全く同じ)

ただ普通にアクシィーが効くので、問題なく倒せると思います。

前回、【芝居のしどころ】でドップラー関連の演劇をしたということで、最後は逃がすという選択をしました。

調べたところ、報酬は逃がした方が良かったです。

 

最後に

グウェントって最初つまらなかったですが、デッキが強化されていくと面白いです。

オフラインなのが少し残念ですね。

 

 

最後まで閲覧ありがとうございました。

Sponsored Link

他にもこんな記事があります