【ウィッチャー3】シリ皇帝エンドの条件について

The following two tabs change content below.

AJ

YouTubeチャンネルを作成しました 気に入ったら是非チャンネル登録よろしくお願いします! 趣味はゲーム、映画・海外ドラマ鑑賞です。 好きなアーティストはBackstreet boys、The Wanted、アヴリル・ラヴィーン、カーリー・レイ・ジェプセンなど。 主にゲーム系の情報を発信しています。 ツイッターとも連携しているので、記事を気に入っていただけたなら、どしどしフォローお願いします!

どうもこんにちはAJです。

 

今回は、3種類あるエンディングの1つ【シリ皇帝エンド】の条件について紹介していきたいと思います。

 

色々分岐する選択肢があるんですが・・・・・。

 

Sponsored Link

重要な分岐点について

先ほどシリ女帝エンドを迎えたので、その条件について紹介していくんですが、ウィッチャーエンドと選択はほぼ一緒です。

とりあえず重要?っぽい選択をまとめました。

 

1、ケィアモルヘンの戦い後、シリと何するかの選択

雪合戦を選択。(ちなみに、お酒の選択をしてウィッチャーエンドを迎えたんですが、あまりここは重要ではない?)

 

 

2、エムヒル皇帝に会いに行くか (かなり重要)

おそらくここが一番重要な選択になると思います。

皇帝エンドを目指すなら、会いに行くべきですね。

お金は受け取らないを選択しました。(ローチの見た目が変化する)

 

 

、最後の準備にて、フィリパたちとの話し合いに同行するか否か

1人で行かせるを選択しました。

ここも重要っぽいです。

 

 

4&5、研究所のシリへの対応、スヒャールの墓参りに同行するか否か

ウィッチャーエンド同様、一緒に研究所を荒らして、スヒャールの墓に同行しました。

 

 

 

結論

やはり重要なのは皇帝に会いに行かせるかと、フィリパたちとの話し合いに同行するか否かの選択だと思います。

それ以外はほぼウィッチャーエンドと同じ選択だったので、大きな分岐点は上記の2つでしょう。

調べたところ、ラドヴィッド暗殺クエの【国家の理性】はクリアしてなくても皇帝エンドには行けるそうです。(自分はクリアした)

 

 

ウィッチャーか皇帝エンド、一体どちらが正規なのか分かりませんが、皇帝エンドの方が最後の内容が濃かったんですよね。

サイドクエストも発生したし、冬で雪が積もったホワイトオーチャードも見られます。(家の中も少し変化してる)

ただシリ行方不明のエンドも、最後は生き残った妖婆と戦うなどよくできてる・・・・・。

何が正しいエンドなのか分からないですね。

 

Sponsored Link

今回クリアした新たなクエスト&思い出

サイド

1、国家の理性 (推奨レベル30)

ラドヴィッドのあっけない最後は置いといて・・・・・。

問題なのは、最後ディクストラかロッシュたちに味方するかの選択が非常に迷いました。

最後にディクストラは裏切りますが、個人的にはディクストラが成し遂げようとしてることに賛成してる部分もあるので・・・・・。

まぁだからといってロッシュ達を見捨てるわけにはいかないということで、ディクストラを倒しました。

最後の最後まで悩ませるゲームはないですよ、うん。

 

 

2、忠実な友 (ホワイトオーチャード:推奨レベルなし)

メインクエ【終わり、そして始まり(シリ皇帝エンドのみ)】で酒場から出て、逃げて行った馬を追うと発生。

会話してクリアなんですが、完了扱いにならずにずっと残ってるというバグがあります・・・・・。

少しモヤモヤしますが、どうすることもできないので無視するしかないですね。

 

最後に

トリスとの恋愛、特に専用クエとかはありませんでした。

所々で会話が変化したり、エンドロールで2人のその後が描かれたくらいですかね。

 

 

最後まで閲覧ありがとうございました。

Sponsored Link

他にもこんな記事があります

One Response to “【ウィッチャー3】シリ皇帝エンドの条件について”

  1. シリは美形なら女性も食いそう より:

    女帝エンドはヴーヒス将軍というブ男とシリが結婚するエンドになるから本人が政略結婚いやがってんのに父ちゃんが権力のために無理強いするんで家出してるって展開なんだよなあ
    原作では結局ヴーヒスが新しいニルフガードの皇帝っぽいしエムヒルが上皇とかやってんのか知らんがシリは美形ならバイセクシャルでも食う美人マッチョ女性の剣豪だからウィッチャーエンドで食いつなぎながら女性を食い荒らしたりたまにゲラさんに挨拶にいってたりしてるんじゃなかろうかって気はする

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ