DDONボルド鉱山の試練ゴーレム攻略法!ソロでも可能

The following two tabs change content below.

AJ

YouTubeチャンネルを作成しました 気に入ったら是非チャンネル登録よろしくお願いします! 趣味はゲーム、映画・海外ドラマ鑑賞です。 好きなアーティストはBackstreet boys、The Wanted、アヴリル・ラヴィーン、カーリー・レイ・ジェプセンなど。 主にゲーム系の情報を発信しています。 ツイッターとも連携しているので、記事を気に入っていただけたなら、どしどしフォローお願いします!

ドラゴンズドグマオンラインのボルド鉱山。

 

エリアランクを5まで上げると試練を受けることになります。

 

それをクリアするとダウ渓谷に行けるようになるんですが、勿論一筋縄ではいかず・・・。

今回は攻略法を紹介していきます。

 

Sponsored Link

ゴーレム

敵はボルトハンガー・ゴーレム。

戦った人は感じたと思うんですが、ポーンと行く場合は自分ハンターじゃないと相当きつい戦いになります。

というのもゴーレムは、ダメージを与えられる場所が限られているんです。

体のあちこちにある濃い紫の〇部分だけしかダメージが通らなくて、攻撃を加えていくと壊れていきます。

そして最終的には右胸の部分しか攻撃が通らなくなります。

 

これが怒り時になると、ファイターでは手に負えないレベルに・・・・・。

なのでハンターだと少しはやりやすくなるということです。

 

Sponsored Link

ファイターでもクリア可能

長い戦いになりますが、ファイターでも攻略は可能です。(念のため回復アイテムを複数持っていきましょう)

自分はファイター、ポーンはプリ―スト、シールドセージ、ソーサラーで行ったんですが、ソーサラーをハンターにしたらいいかもしれない。(試してないからなんとなく。結局一番頑張らなければいけないのは自分)

 

ゴーレムは先ほども説明したように、濃い紫のコア部分しか攻撃が通らず、怒り時は揺らしても意味ありません。(攻撃してダウンを取る)

 

戦闘開始後、まずは全てのコアを破壊

おそらく怒ってる時は破壊できないので、通常時に。

一番難しいのは右太もも右手くらいですかね。

攻撃動作に入ったら離れるように。(通常時でも攻撃力は高い)

注意すべきなのは、先に難しい太ももなんかを破壊しておかないと終盤辛くなること。(残ってるのがむずい箇所だったら、怒り時もそこに攻撃を与えないといけなくなるため)

 

そして右胸のコア出現後。

苦戦するのが怒り時だと思いますが、基本的に9回振り回す攻撃をしてきた後に飛び乗って攻撃していきます。(白く光ってる時に攻撃すると、割とすぐにダウンとれる)

それ以外の時はおススメしないですけど、まぁそこは残った回復アイテム、復活力との相談ですね。

こんな感じで倒しましょう。

時間はかかりますが・・・・・。

 

パーティープレイの場合、よほどレベルが低くなければはまず全滅することはないでしょう。

そこまで素早くないので。

だいたい全員20前半あればいけるかと。

 

クエスト攻略#14

パーソナル

・ボルド鉱山試練:大坑道探検 (推奨レベル29)

地味にゴーレムがいる場所にたどり着くのも大変です。

キノザ治水路の上にある洞窟から入った方が楽。

 

最後に

さすがにシーカーまでの道のりは険しいですね。

あとはダウ渓谷のエリアレベルを5に上げればなれる・・・けどまた試練あるんやろな。

 

最後まで閲覧ありがとうございました。

 

Sponsored Link

他にもこんな記事があります

2 Responses to “DDONボルド鉱山の試練ゴーレム攻略法!ソロでも可能”

  1. より:

    はじめまして。
    ゴーレム攻略法読ませて頂きました。
    LV20台前半でクリアって凄いですね。今LV30のファイターですが装備も整えて行ってるんですがダメージ450とかで回復追いつかず…どうしたらいいんですかね?

    • theperfectanswer より:

      コメントありがとうございます。

      いや、20台前半はあくまでパーティープレイ時の目安なので、自分も30近いレベルでしたよ(^-^;
      まずはダメージが追いつかない場合はBO強化でHPの最大値を上げたらどうでしょうか?
      1600くらいまで上昇します。
      あとは長期戦覚悟なので、回復アイテムはたくさん持って行った方がいいです。
      費用はかかりますが、なるべくポーンのプリ―ストで体力を白いゲージいっぱいまで回復→残った分をアイテムで回復、をしていれば少しは節約できるかと。
      頑張ってください!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ