ウォーキングデッドシーズン6モーガンが変わった理由

The following two tabs change content below.

AJ

YouTubeチャンネルを作成しました 気に入ったら是非チャンネル登録よろしくお願いします! 趣味はゲーム、映画・海外ドラマ鑑賞です。 好きなアーティストはBackstreet boys、The Wanted、アヴリル・ラヴィーン、カーリー・レイ・ジェプセンなど。 主にゲーム系の情報を発信しています。 ツイッターとも連携しているので、記事を気に入っていただけたなら、どしどしフォローお願いします!

ウォーキングデッドシーズン6の4話を視聴しました。

 

4話では、モーガンがめちゃくちゃ優しくなった理由が描かれています。

 

以降はネタバレになるので、避けたい人は戻りましょう。

 

Sponsored Link

モーガンが変わった理由

シーズン3でリックとモーガンが1度目の再会をした時、モーガンは息子を失ったことで精神がおかしくなっていましたね。

リックと一緒に進むことなく残ったモーガンは、しばらくして゛駆除゛と言いつつゾンビを駆逐していました。

モーガンを後ろからつけてきた2人の生存者をも、躊躇なく殺してしまうほど残忍に。

 

そんなモーガンが今のように優しくなった理由は、ある人と出会ったことがきっかけになります。

森でゾンビを探していたモーガンは家を発見後、その家主のイーストマンに「話し合おう」と言われても問答無用で銃を乱射。

イーストマンは最後に「去れ」と警告するもモーガンは無視したため、後ろから殴られて気絶。

家の中にある監房に入れられる。

 

イーストマンがめちゃくちゃ優しい

モーガンを監房にいれたイーストマンですが、身長はそこそこ高いんですが見た目は太ったおっさん。

なんですが、モーガンに食事を与えたり扉の鍵は最初から開けてたりととにかくめちゃくちゃ優しい人です。

極めつけは、ゾンビにすらお墓を立てるという。

詳しくは忘れちゃったんですけど、イーストマンは世界が崩壊する前は罪人を改心させるカウンセラーみたいな仕事をしていたんだとか。

なので最後まで裏表なく優しい人です。

 

それでもモーガンはイーストマンを殺そうとするほど壊れていたんですが、イーストマンの合気道によって返り討ちに。

さすがにその後はモーガンも落ち着いて、イーストマンから合気道による棒術を学ぶことになります。

 

 

しかしある日、物資を取りにモーガンが拠点としていた森に向かうと、モーガンが殺した生存者(ゾンビ)に遭遇。

イーストマンに「やれ」と頼まれるモーガンだったが、茫然と立ち尽くしてしまい庇ったイーストマンが噛まれて感染・・・。

その後2人は別れてまた元の生活に戻ったモーガンだったが、今度は2人の生存者を見つけても見逃すように。

変わったと感じたモーガンは、イーストマンの所に戻ります。

 

イーストマンと合流したモーガンはしばらく2人で話した後、覚悟を決めたイーストマンと一緒に銃を取りに行って・・・。(その後のシーンは無し)

 

Sponsored Link

今後のモーガンはどうなるのか

という感じでモーガンは変わったんですが、異様に優しいし「次のリーダーはあなたよ」みたいなことをとシーズン6の予告で言われていたから、支配欲の強い裏のある人間なのかな~と思ってました。

4話を見るかぎりだと、モーガンはイーストマンの意志を継いだめちゃくちゃ優しい人ということにりますね。

 

そうなると意志はめちゃくちゃ固いだろうから、今のリックとの対立は避けられそうにありません。

今後どうなるんだろうか・・・。

モーガンの過去が分かったことでもう少ししたら退場・・・という心配もしたんですが、まだリーダー争いに入ってないから大丈夫そうですね。

 

最後に

モーガンが逃がした2人の生存者(足を負傷していた)、なんらかの形で再会するんだろうか・・・。

 

最後まで閲覧ありがとうございました。

 

Sponsored Link

他にもこんな記事があります

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ